路線価の変化について

分析路線価は1年で変動しますし、地域差があるということは何度も述べてきましたが、いったいどうして変動値や差が生まれてくるのでしょうか。土地の価値は、人が多く利用するか否かによって左右されます。そのエリアを利用する人が多ければ、その土地は利益を生み大いに有効活用されており、土地の価値は高いと評価されるので路線価があがりますし、逆に過疎化している地域は、土地に対してそれを利用する人が少なければ、その土地は有効的に活用されておらず、利益も発生しないのであまり価値がないと判断されてしまい、路線価が下がってしまいます。

端的にいえば、人が集まる都市部は交通アクセスが発達し商業やビジネス、住宅街など、生活を潤滑にする利便性があり、路線価が高く評価されますし、地方は都市部に比べて利便性が落ちるために、路線価が低く評価されるのです。路線価の数値をみることで、その地域が発展しているかどうかということが一目瞭然ですし、毎年の路線価の変動を調べることで、今後発展して人気が高まっていく可能性のあるエリアを見つけ出すことも出来るかもしれません。路線価は、地域が活性化しているか否かを明確にあらわす指標のひとつとして、わたしたちに公表されているのです。

土地の潜在価値を引き出すため土地活用

最近、土地活用が大変人気があるということでしたが、どのような土地活用の方法があるのか、興味があったので調べてみました。

そこで、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、土地の潜在価値を引き出すために、土地の特性に適した活用方法を提案しますという紹介をしていました。そのサイトを見てみると、土地は、有効に活用してこそ価値が出ますということで、そのために重要なのは、その土地に適した事業プランですということでした。

また、あるサイトでは、幅広い事業ノウハウと長年の実績を活かし、それぞれの土地に適した事業を提案し、さらに、土地の活用の専門家として、末永く安心していただける資産運用を提案、サポートしていますということでした。他、いろいろな土地の活用方法について紹介していましたが、住宅地なら賃貸住宅経営、利便性が高い市街地・駅前立地なら賃貸マンション経営をご提案しますということでした

マンション査定と土地の権利の関係について

マンション査定においては、その対象者がどのような権利を有しているか、というのも肝心です。マンション査定において、重要な権利というのは3つあります。その2つの権利というのは、「所有権」「地上権」「借地権」です。まず、所有権とは何なのでしょうか。所有権というのは、法律の範囲内でその所有物を自由に使い、収益を得て、あるいは処分することができる権利のことです。次に、地上権です。この地上権というのは、賃借権のひとつとなっています。

地上権というのは、マンションを第三者に自由に譲ったり、又貸ししたりできるということです。最近流行のマンション投資などでは、この地上権を持っている場合が多いです。そして借地権です。借地権というのは、譲ったり又貸しをする際には、地主の承諾を得ないといけない権利のことです。これら3つの権利を全て有していれば、評価額も高くなりますし、持っていない場合は評価が下がるということになります。


路線価ランキング

家の価値路線価は日本全国すべてのエリアの道路に設定されています。路線価は主に相続税・贈与税、固定資産税など、納税の際にぜひ知っておきたい基準値となりますが、先述してきた通り毎年変動し、とくに開発が進んでいる地域についてはその変動幅が大きくなる可能性があります。

路線価は全国都道府県のすべてのポイントから上位47位までがランキングで公表されます。もっとも路線価が高いところは都市部で、東京に上位ポイントが集中していることは事実です。したがって、東京の土地は人気が高いのは理解出来るのですが、当然今から手に入れるとなると値段が高くて手が届かないと断念する人も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで諦めることはせず、ほかのエリアに目を向けてみると面白いことがわかるかもしれません。路線価を比較することで、地域差があることが明らかになりますが、そこで毎年のさまざまな路線価の変動値を観測していれば、ある土地への期待値なども明らかになってくるかもしれません。過疎化している地域は残念ながら路線価も評価が下がってしまいますが、上昇傾向にあるところは、今後発展していく可能性があるでしょうし、人気が出る可能性があります。このように将来期待できる土地を見つけるというのも、路線価をうまく活用する方法かもしれません。

利用してこそ価値が生まれる不動産

随分前から、街では売地や売家の立て看板がありますが、いよいよ私の住んでいる地域でも、それらが目立って増えてきました。どちらかというと、売地のほうが多かったのですが、最近は、売家のほかに宿泊施設なども売りに出しているようです。

市街地なら、土地や建物は、立地がよければ商売をしたり、建物を倉庫に利用したり、更地なら駐車場にしたりと、様々な用途が考えられるので、多少、売買の動きはあります。ところが、地方では、とりたてて、これといった用途が思い浮かびません。しかも、売買の実績そのものが少ないので、路線価もどれくらい参考になるかわかりません。

買う人がいて、はじめて値が付くというものですから、必ずしもその価格で取引されていて、その価格で売れる保障はどこにもないのです。なかなか土地が売れないものですから、Iターンなどで、田舎暮らしに憧れてくる人に、地元のひとは、かなり価格を吹っかけてくるようですから注意しなければいけません。トラブルの防止策としては、必ず、信頼のおける不動産業者を通すことだと思います


路線価について

土地の査定土地の価値を知ることは、土地の有効活用をする上で重要であることは間違いありません。そして土地は財産として固定資産税を納税しなければならず、さらにそれが譲り受けたものである場合には相続税や贈与税が課せられますが、土地にかかる税金についても、土地の価値によって大きく変わってくることをご存知でしょうか。土地の価値を知るといっても、そもそも土地を評価すること自体が簡単なことではありません。

しかし、土地を財産として国が税金を徴収し、所有者は財産を利用して収入を得るなど、土地に価値を与えなければ成立しない面が多々あるのです。土地の価格は時価(市場価格)の変動により評価も変わってくることになりますが、土地全体の評価を決めるには時間も手間もかかり、収拾がつかなくなってしまいます

そこで、税務署が路線価という土地の価値を表す目安を設けることになりました。路線価は相続税・贈与税が発生する土地が面している道路の価値を評価するものです。路線価を決めれば、路線価×土地の面積という公式で土地全体の値段を算出し、土地の価値を誰にもわかりやすく明瞭化することが出来るのです。国が定める路線価を設けることで、公平で誰もがわかりやすい方法で土地の価値を決めることが出来、そのため全国あらゆる場所で路線価は設定され、それを基準に土地の運営が行われています。

相続税と贈与税とマイホーム取得の関連性について

相続税とは、故人の財産を相続した場合や、遺言などで財産を受け継いだ場合にかかる税金です。相続税のなかに基礎控除という仕組みがあります。基礎控除とは、一定金額が課税対象にならない仕組みで、その金額を超えた場合、超えた金額分が課税対象になります

また、相続税回避のために設けられている生前贈与という贈与税があります。生前贈与は、生前に財産贈与を分散することで死後の相続課税対象金額を減らすことが可能になります。この生前贈与税の中には、マイホーム資金として、両親などから資金援助を受ける仕組みも含まれております。これらのしくみがあるために、実際には税金を納めることは少なくなっています。

しかし、相続税と贈与税の税納付金額が低下していることと、財政難に国が陥っていることから、この控除の金額が下げられようとしています。そのため、住宅情報誌にもこの贈与税についての説明が載っていることがあり、法改正前のタイミングには今がマイホーム買い時と書かれているのです。

相続税と基礎控除の関係について

相続税を支払うときには基礎控除というものを適用するかどうかを選択することができます。基本的には基礎控除の範囲内の財産の場合、相続税を支払う必要はありません。また、配偶者には基礎控除以外にも相続税の軽減措置があります。相続財産が法定相続分以下であった場合、税金を支払う必要はありません。そのほかにも相続人の生命保険や死亡退職金などにも控除が設けられます。法定相続人1人につき500万円の控除があります。未成年者控除と呼ばれる未成年の相続人に対する控除も存在します。未成年者が相続税を支払うのは難しいです。職についていないことが多いですし、多額の税金を納めるのは不可能に近いです。

そのため、相続税の支払う額を控除する特別措置が設けられているのです。また、障害者控除と呼ばれる障害者の相続税を免除する措置も存在します。このように個々のケースによって相続税の計算方法は異なります。

そのため、相続税はケースバイケースで考えていく必要があるのです。


土地の価値とは

男性と家自分が住んでいる土地、あるいは所有している土地や相続される土地について、その価値をご存知ですか。所有している土地を有効活用しようと考えたとき、土地を売却しようと思い立ったとき、あるいは土地を担保に資金を調達するとき、その土地の真価を知っていないとなると、それは活用以前の問題で宝の持ち腐れになってしまう可能性があります。手に入れたときはとても高額であった土地が、今では価値が下がって赤字になってしまうケースは珍しくありませんし、逆に全くあてにしていなかった土地が思いのほか好評価を受けることもあるのです。つまり、土地の価値というのは非常に激しく変動しており、たった1年で価値が180度変わってしまうこともあり得るのです。その時、その地域の情勢によって、土地の値段はアップダウンを繰り返します。

それでは、わたしたちは土地の価値について、いったいどのような方法で知ることが出来るのでしょうか。そこで覚えておきたいのは「路線価」というものです。路線価とは、税務署や国税局が1年ごとに公式発表するもので、簡単にいうと全国あらゆるところに通っている道路の価値を評価するものです。土地の価格は地域によって大きなばらつきがありますし、先述した通りその時々の情勢によって同じ場所でも価格の変動が激しくなります。

しかし、自分が知りたい土地のおおよその価値については、そこに面している道路の価値=路線価を把握することで、明らかになります。路線価は毎年発表され、誰もが無料でその値を知ることができるものです。

関連サイト>>>土地査定

土地活用のために必要な不動産鑑定士の役割とそのあり方

自分の家のとなりの土地が林になっていて商売と自宅増設のために購入しようと思っています。しかし、土地の売買は難しく、買うほうは安く買いたいし、売るほうは高く売りたいという意思がまざまざと見えます。自分たちだけではらちがあかきません。

その林の地主さんは遠く(他県)に住んで実際の土地にくることはまずなく、ずっとほったらかしなのですが、買いたいという意思をみせると「これから値が上がる場所だから、その値段は合わない」ということでちっとも交渉がまとまりません。そのように放っておいて全く土地活用できてない場所が他にもたくさんあります。そこで信頼のおける値段を出してもらうために依頼したいのが不動産鑑定士なのですが、どうやら資格を持つ人が少ないらしくなかなか見つからない。

土地活用をスムーズに行うためにも必要不可欠な業種だと思います。通信教育でもたまに見かけるのでこれからその資格を持つ方が増えて荒地を円滑に有効利用できるようになるとよいです

しかし、不動産鑑定士として生活するのは収入の面で難しいのでは、と思うので建築業の方が資格を持っていると消費者は一度に相談でき、便利だと思います。

土地活用を検討する時安心なほど心配な仕組み

農地を沢山所有する反面、農業に従事しようとする若者が激減し、政府の農家に対する対策も「農家は米を作らないようお願いします」としている事も重なり、農業では生活できないと結論し、息子は役場職員か、学校の先生に育てようとする傾向にあります。 つまり、減反を強いられ、かつ農業後継者も育たない環境ですから農業に明日な無いのです。けれど、農家の悩みは、その事に留まることなく耕作地の有効利用を考えなくてはならないのです。

そこで求められるのが土地の有効活用となるのですが、代表格は今昔問わず賃貸事業ですよね。 けれど、明日の生活に困窮している訳でもない農家の生活にあって、その理想は空き室無く一定の収入を継続し続けることに尽きるのです。そこで、近年脚光を浴びているのが、建築を請け負ったハウスメーカーが一括して賃貸物件を借り入れる「一括借あげシステム」なのです。 さて、一見火の打ち所無い土地活用に見える当システムですが、検討する時点では安心なのですが、年数を重ねる事で心配な仕組みとなっているのです。その理由は一括借り入れする会社は別会社としている場合が多いので、いざとなったら別会社を切り離します。