路線価の変化について

分析路線価は1年で変動しますし、地域差があるということは何度も述べてきましたが、いったいどうして変動値や差が生まれてくるのでしょうか。土地の価値は、人が多く利用するか否かによって左右されます。そのエリアを利用する人が多ければ、その土地は利益を生み大いに有効活用されており、土地の価値は高いと評価されるので路線価があがりますし、逆に過疎化している地域は、土地に対してそれを利用する人が少なければ、その土地は有効的に活用されておらず、利益も発生しないのであまり価値がないと判断されてしまい、路線価が下がってしまいます。

端的にいえば、人が集まる都市部は交通アクセスが発達し商業やビジネス、住宅街など、生活を潤滑にする利便性があり、路線価が高く評価されますし、地方は都市部に比べて利便性が落ちるために、路線価が低く評価されるのです。路線価の数値をみることで、その地域が発展しているかどうかということが一目瞭然ですし、毎年の路線価の変動を調べることで、今後発展して人気が高まっていく可能性のあるエリアを見つけ出すことも出来るかもしれません。路線価は、地域が活性化しているか否かを明確にあらわす指標のひとつとして、わたしたちに公表されているのです。


路線価ランキング

家の価値路線価は日本全国すべてのエリアの道路に設定されています。路線価は主に相続税・贈与税、固定資産税など、納税の際にぜひ知っておきたい基準値となりますが、先述してきた通り毎年変動し、とくに開発が進んでいる地域についてはその変動幅が大きくなる可能性があります。

路線価は全国都道府県のすべてのポイントから上位47位までがランキングで公表されます。もっとも路線価が高いところは都市部で、東京に上位ポイントが集中していることは事実です。したがって、東京の土地は人気が高いのは理解出来るのですが、当然今から手に入れるとなると値段が高くて手が届かないと断念する人も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで諦めることはせず、ほかのエリアに目を向けてみると面白いことがわかるかもしれません。路線価を比較することで、地域差があることが明らかになりますが、そこで毎年のさまざまな路線価の変動値を観測していれば、ある土地への期待値なども明らかになってくるかもしれません。過疎化している地域は残念ながら路線価も評価が下がってしまいますが、上昇傾向にあるところは、今後発展していく可能性があるでしょうし、人気が出る可能性があります。このように将来期待できる土地を見つけるというのも、路線価をうまく活用する方法かもしれません。


路線価について

土地の査定土地の価値を知ることは、土地の有効活用をする上で重要であることは間違いありません。そして土地は財産として固定資産税を納税しなければならず、さらにそれが譲り受けたものである場合には相続税や贈与税が課せられますが、土地にかかる税金についても、土地の価値によって大きく変わってくることをご存知でしょうか。土地の価値を知るといっても、そもそも土地を評価すること自体が簡単なことではありません。

しかし、土地を財産として国が税金を徴収し、所有者は財産を利用して収入を得るなど、土地に価値を与えなければ成立しない面が多々あるのです。土地の価格は時価(市場価格)の変動により評価も変わってくることになりますが、土地全体の評価を決めるには時間も手間もかかり、収拾がつかなくなってしまいます

そこで、税務署が路線価という土地の価値を表す目安を設けることになりました。路線価は相続税・贈与税が発生する土地が面している道路の価値を評価するものです。路線価を決めれば、路線価×土地の面積という公式で土地全体の値段を算出し、土地の価値を誰にもわかりやすく明瞭化することが出来るのです。国が定める路線価を設けることで、公平で誰もがわかりやすい方法で土地の価値を決めることが出来、そのため全国あらゆる場所で路線価は設定され、それを基準に土地の運営が行われています。


土地の価値とは

男性と家自分が住んでいる土地、あるいは所有している土地や相続される土地について、その価値をご存知ですか。所有している土地を有効活用しようと考えたとき、土地を売却しようと思い立ったとき、あるいは土地を担保に資金を調達するとき、その土地の真価を知っていないとなると、それは活用以前の問題で宝の持ち腐れになってしまう可能性があります。手に入れたときはとても高額であった土地が、今では価値が下がって赤字になってしまうケースは珍しくありませんし、逆に全くあてにしていなかった土地が思いのほか好評価を受けることもあるのです。つまり、土地の価値というのは非常に激しく変動しており、たった1年で価値が180度変わってしまうこともあり得るのです。その時、その地域の情勢によって、土地の値段はアップダウンを繰り返します。

それでは、わたしたちは土地の価値について、いったいどのような方法で知ることが出来るのでしょうか。そこで覚えておきたいのは「路線価」というものです。路線価とは、税務署や国税局が1年ごとに公式発表するもので、簡単にいうと全国あらゆるところに通っている道路の価値を評価するものです。土地の価格は地域によって大きなばらつきがありますし、先述した通りその時々の情勢によって同じ場所でも価格の変動が激しくなります。

しかし、自分が知りたい土地のおおよその価値については、そこに面している道路の価値=路線価を把握することで、明らかになります。路線価は毎年発表され、誰もが無料でその値を知ることができるものです。

参考HP…土地売却