路線価について

土地の査定土地の価値を知ることは、土地の有効活用をする上で重要であることは間違いありません。そして土地は財産として固定資産税を納税しなければならず、さらにそれが譲り受けたものである場合には相続税や贈与税が課せられますが、土地にかかる税金についても、土地の価値によって大きく変わってくることをご存知でしょうか。土地の価値を知るといっても、そもそも土地を評価すること自体が簡単なことではありません。

しかし、土地を財産として国が税金を徴収し、所有者は財産を利用して収入を得るなど、土地に価値を与えなければ成立しない面が多々あるのです。土地の価格は時価(市場価格)の変動により評価も変わってくることになりますが、土地全体の評価を決めるには時間も手間もかかり、収拾がつかなくなってしまいます

そこで、税務署が路線価という土地の価値を表す目安を設けることになりました。路線価は相続税・贈与税が発生する土地が面している道路の価値を評価するものです。路線価を決めれば、路線価×土地の面積という公式で土地全体の値段を算出し、土地の価値を誰にもわかりやすく明瞭化することが出来るのです。国が定める路線価を設けることで、公平で誰もがわかりやすい方法で土地の価値を決めることが出来、そのため全国あらゆる場所で路線価は設定され、それを基準に土地の運営が行われています。