路線価の変化について

分析路線価は1年で変動しますし、地域差があるということは何度も述べてきましたが、いったいどうして変動値や差が生まれてくるのでしょうか。土地の価値は、人が多く利用するか否かによって左右されます。そのエリアを利用する人が多ければ、その土地は利益を生み大いに有効活用されており、土地の価値は高いと評価されるので路線価があがりますし、逆に過疎化している地域は、土地に対してそれを利用する人が少なければ、その土地は有効的に活用されておらず、利益も発生しないのであまり価値がないと判断されてしまい、路線価が下がってしまいます。

端的にいえば、人が集まる都市部は交通アクセスが発達し商業やビジネス、住宅街など、生活を潤滑にする利便性があり、路線価が高く評価されますし、地方は都市部に比べて利便性が落ちるために、路線価が低く評価されるのです。路線価の数値をみることで、その地域が発展しているかどうかということが一目瞭然ですし、毎年の路線価の変動を調べることで、今後発展して人気が高まっていく可能性のあるエリアを見つけ出すことも出来るかもしれません。路線価は、地域が活性化しているか否かを明確にあらわす指標のひとつとして、わたしたちに公表されているのです。

土地の潜在価値を引き出すため土地活用

最近、土地活用が大変人気があるということでしたが、どのような土地活用の方法があるのか、興味があったので調べてみました。

そこで、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、土地の潜在価値を引き出すために、土地の特性に適した活用方法を提案しますという紹介をしていました。そのサイトを見てみると、土地は、有効に活用してこそ価値が出ますということで、そのために重要なのは、その土地に適した事業プランですということでした。

また、あるサイトでは、幅広い事業ノウハウと長年の実績を活かし、それぞれの土地に適した事業を提案し、さらに、土地の活用の専門家として、末永く安心していただける資産運用を提案、サポートしていますということでした。他、いろいろな土地の活用方法について紹介していましたが、住宅地なら賃貸住宅経営、利便性が高い市街地・駅前立地なら賃貸マンション経営をご提案しますということでした

マンション査定と土地の権利の関係について

マンション査定においては、その対象者がどのような権利を有しているか、というのも肝心です。マンション査定において、重要な権利というのは3つあります。その2つの権利というのは、「所有権」「地上権」「借地権」です。まず、所有権とは何なのでしょうか。所有権というのは、法律の範囲内でその所有物を自由に使い、収益を得て、あるいは処分することができる権利のことです。次に、地上権です。この地上権というのは、賃借権のひとつとなっています。

地上権というのは、マンションを第三者に自由に譲ったり、又貸ししたりできるということです。最近流行のマンション投資などでは、この地上権を持っている場合が多いです。そして借地権です。借地権というのは、譲ったり又貸しをする際には、地主の承諾を得ないといけない権利のことです。これら3つの権利を全て有していれば、評価額も高くなりますし、持っていない場合は評価が下がるということになります。